スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス旅行記2日目後編《シャンゼリゼ通り》

ヴェルサイユ宮殿に魅了され、余韻に浸りながらサンラザール駅に向かう。


帰る途中で可愛いお菓子屋さんを見つけた。
RIMG1353.jpg




フランスを感じる光景に出会った。
自由。平等。博愛。
迷わずシャッターを切った。
RIMG1360.jpg






pm5:00 サンラザール駅着。
RIMG1262_20101227232330.jpg
駅前の時計。この時計からは一切時間が読めない。




昼食を取るタイミングを逃し、お腹が減っていた。
パン屋さんでサンドイッチを買い、一度ホテルへ向かう。

pm6:00 ホテル着。

休憩後、マドレーヌ広場を経由し、夜のシャンゼリゼ通りへ。
RIMG1373.jpg
マドレーヌ寺院。




何処を歩いても夜景が美しい。
RIMG1374.jpg



pm6:30 シャンゼリゼ通り着。

シャンゼリゼ通りでは、色々な屋台が出ていて、ただ歩いているだけで楽しかった。
ホットワインを片手に、流れるクリスマスソングを聞きながら歩く。
RIMG1383.jpg

RIMG1384.jpg

RIMG1386.jpg

RIMG1387.jpg

RIMG1390.jpg

RIMG1391.jpg

RIMG1380.jpg

日本の屋台の汚さも嫌いじゃないけれど、パリの小綺麗な屋台に魅了された。



pm9:00 コンコルド広場着。

RIMG1403.jpg
この時期限定の特設観覧車。

RIMG1414.jpg
噴水と観覧車。


《感想》

やっとパリにも馴染めてきた。
と言うより、理解し始めた。

パリでの感覚は、初めての感覚ではなかった。
色々と考えた後、思い出した。

大阪から東京に引越して来た時と同じ感覚だった。

関西人の気さくさが東京の人にはあまりなく、引越して来た当時はいつもなんだか寂しかった。

“住めば都”

という言葉の通り、今となっては東京の人の暖かさを感じる様になり、大阪に帰る気にはなれない。




パリには約一週間しか滞在しないけれど、帰る頃には名残惜しさを少しでも感じたい。

昨日に比べて、そう感じられるようになった。

スポンサーサイト

コメント

Secre

プロフィール

harunachiii

Author:harunachiii
充実した毎日を送りたい!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。